ブリザーブド フラワーて何カテゴリの記事一覧

ブリザーブドフラワーって何?

ブリザーブドフラワーとは? 2000年ごろから花屋でも生花とともに販売されるようになった。ブリザーブドフラワー (preserved flower) とは、美しい姿で長時間保存することが出来るように専用の溶液を用いて加工された花のことである。「ブリザーブ」 (preserve) とは英語で「保存する」の意味です。
作り方
切花を咲いた状態で溶液を用いて脱色し、続けて別の溶液を用いて着色させた後乾燥させて作ります。花弁の鮮やかさは生きた花と比べても遜色なく触っても柔らかくて瑞々しい。ウェディングブーケなどに適しています。
よいところ
寿命が長い。保存状態が良ければ10年以上もつ。
着色によって現実にはない色合いの花を創りだすことができる。
加工液は食品や薬で使用されているものであり有害性は低い。
生花と違って、花粉アレルギーの心配もない。
水を与える必要がない。

悪いところ
生花と違い光と水に弱い。直射日光や高温多湿を避ける必要がある。

ブリザーブドフラワーは、1991年にフランスのヴェルモント社が開発し、その後、フランスのベルディシモ社など数社が参入、日本を含む世界に広まりました。 枯れないなどの点が注目され、ウェディングブーケやテーブルフラワーなどとして利用されている。日本でも女性を中心に一定の人気があり、数多くの教室が開かれていたり、専門店も登場しています。

引用ウィキペディア(Wikipedia)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。